マグネット広告についての情報が満載です!

マグネット広告をよく使う業種|水道修理

マグネット広告をよく使う業種|水道修理 マグネット広告をよく使う業種の一つに、水道修理業者が挙げられます。
なぜ水道業者はマグネット広告をよく利用するのかというと、業者にとって大きなメリットが得られるからです。
その一つがチラシよりも捨てられる確率が低いことです。
ポストに投函されるチラシは、ほとんど見ることなく捨ててしまうという人も多いものです。
しかしマグネット広告の場合は、簡単には捨てられないのが実情です。
メモ用紙を冷蔵庫に貼り付けるなど活用することができ、使い道があるので捨てずに取っておく人が多く見られます。
またこのようなマグネット広告は、緊急対応にちょうど良いと言えるでしょう。
手のひらサイズの小さなものが多く、限られた範囲の中に業者の名前とサービスの内容、対応時間や連絡先などが書かれています。
このような修理は突発的に発生するものであるため、緊急に対応してほしいというニーズにマッチしているのです。
好きなタイミングで連絡しやすいと言えるでしょう。

電気工事などの業種でも導入されているマグネット広告について

電気工事などの業種でも導入されているマグネット広告について 看板やドキュメント印刷物は、企業の販売促進から店舗でもPOPまで幅広く導入されていますが、マグネット広告もそれらの中のひとつです。
自動車や鉄製の看板に磁力によって貼り付けられるこのシートは、取り付けが簡単なだけでなく、内容が変わったり季節柄の広告などでの貼り替えも可能なことから、採用される事例が増えています。
マグネット広告は宣伝用途のイメージが強いのですが、建設業などの業種においても取り入れられています。
建築現場では建物の工事と設備工事が行われますが、現場内では作業員への注意喚起だけでなく、改修工事などでは施設の利用者へも工事を知らせる必要があります。
作業は日々進行していますので、看板は貼る場所を変えたり記述内容を変更することを余儀なくされます。
マグネット広告のような磁気シートであればこのような用途に最適であり、多くの業種で用いられています。
電気設備工事でも同様に用いられていて、配電盤や受変電設備の工事では、通電危険や高電圧などの注意を喚起するためにこうしたシートを作成して貼り付けることで、作業員の安全確保と利用者の安心の実現に貢献しています。

新着情報

◎2022/8/19

情報を追加しました。


>マグネット広告のデザインは感覚でわかる物を
>マグネット広告を長期保管する際に気をつけたいこと
>チラシ広告と違うマグネット広告ならではの利便性
>マグネット広告の製造を海外の工場に委託する
>ノベルティにも相応しいマグネット広告の理想的なサイズ

◎2021/1/18

気になる価格相場
の情報を更新しました。

◎2020/10/8

不用品回収
の情報を更新しました。

◎2020/8/7

クリーニング
の情報を更新しました。

◎2020/07/31

サイト公開しました

「マグネット 水道」
に関連するツイート
Twitter

【元修理のプロより】緊急の水道のトラブル・故障等の時、ネット検索時の広告に出てくる業者やカード大のマグネットシート広告の業者に依頼するのはやめましょう. 法外な価格や必要の無い工事をされてボッタくられる可能性があります. 市町村の水道課に連絡して近くの業者を紹介してもらって下さい.

返信先:市またはお住まいの地域の役所の水道課に問い合わせ、紹介してもらえる地区の指定業者以外の、変なマグネットのステッカーやGoogle検索で出てくる業者だとボッタくられます。

水廻りで困った際は水道業者さんに依頼します。 冷蔵庫のマグネットやインターネットの検索で探して修理をお願いする方も多いと思います。 焦って探して呼ぶ事にならないよう、ここなら安心と言う水道屋さんを事前に調べておくと良いです 住まいる水道グループ 0120-365-251 smilegroup365

返信先:な なんですと⁈ 水道屋のマグネット…⁉︎なんですそれ

ポストに某水道屋さんのマグネット入っていた。 残念!キャラクターバージョンじゃなくオッチャンバージョンなので出品できない(マテ